• 克服へのプロセス
  • メニュー・料金
  • ご予約
  • アクセス
  • プロフィール

アダルト・チルドレンと依存症

依存症(アディクション)には、アルコール依存症、摂食障害、ギャンブル依存症、恋愛依存症、共依存、インターネット依存症、ゲーム依存症、仕事依存症、買い物依存症などなど様々なものがあります。

でも、その本質は皆同じものなのです。それでは、依存症とは何なのでしょうか???
アダルト・チルドレンの人たちには依存症に陥りやすいという傾向があります。

依存症(アディクション)とは

依存症とは、簡単に言うと「止めよう止めようと思っても、止めることができない好ましくない習慣に耽り、それに日常生活を支配されている」といった状態のことを言います。
精神に快感や高揚感をもたらす物質の摂取や、特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求である渇望が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的、身体的症状を生じる精神的、身体的、行動的な状態のことである。嗜癖やアディクションとも呼ばれているものです。

渇望が生じている状態を「依存が形成された」と言います。依存は、物質への依存(過食症、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症)、過程への依存(ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症)、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症など)があります。

依存症(アディクション)の進行

依存症(アディクション)は、気分の安定のためにある行動を繰り返してしまい、次第にそれを行なわないと気分の安定が図れなくなっていってしまいます。
この行動を取ると気分は良くなりますが、それは、一時的で中毒になるとそれすら効かなくなり、どんどん深みにはまってしまうという事態へと陥っていきます。

依存症(アディクション)は進行性の障害でもあります。本人が気付かなくても、はっきりとした「始まった時」があり、意識的に止めようとしない限り、そのまま行き着くところまで確実に進んでいってしまいます。このいきさつは、がんの進行と似ています。つまり、がん細胞の増殖と同じように依存症(アディクション)も放っておくと進行が止まらないのです。

依存症(アディクション)に冒された人は、必ずいくつかの決まった行動(=予備行動)を開始します。例えば、性的なアディクションがある人が、売春婦のいそうな地域をうろついたり、そのあたりを車で通ったりします。ギャンブルのアディクションのある人が、競馬の予想表を読み始めたりします。過食アディクションの人が食料を買いに行きます。いつも同じ店で食品を買っていると店員が不審に思うのではないかと不安になり、違う店に行ったりする等があります。

これらの行動は、自分が望む「気分の変化」を自分の中に作り出すための方法です。これらの行動から自分が事態をコントロールしているという「コントロール感」を得られていることが重要になってきます。そして、これらの行動が人生で一番優先順位の高いものへと変わっていくようになります。

依存症(アディクション)の症状の3段階

依存症(アディクション)は次の様に3つの段階を経て進行していきます。

依存症(アディクション)の第1段階

第1段階では、内面(人格)に変化が起きます。アディクションの始まりは対象の化学物質を使用したり、対象となる行動をしたりすることによって、高揚感を体験することから始まります。例えば、ギャンブルのアディクションでは、初めて大きく勝った時の興奮がきっかけで始まります。浪費のアディクションでは、何かを買った高揚感から始まります。アルコールのアディクションでは、初めてたくさん酔って、それまで体験したことがないような高揚感を体験したことで始まります。拒食症では、食べないことでコントロール感を得たことで始まります。

このような気分の変化は一般人でも起こりえますが、アディクションに冒される人は、非常に強烈な出来事として感じる傾向があります。そしてこの気分の変化から「コントロール感」「安堵感」「完璧さ」を感じている。まもなくこれらの体験から特定の行動をすると気分の変化が起こる事を無意識のうちに覚えていきます。そして、不快や苦痛、不安を感じるたびにこの特定の行動を取るようになります。

この第1段階になると、アディクション体質が出来上がります。そしてこれが一度できてしまうと、回復していても永久に消えてなくならないのです。英語に「ドライ・ドランク」という言葉があります。ドライ・ドランクとは、アディクションになった行動を断っているにもかかわらず、相変わらず日々の生活はアディクション体質に支配されている状態のことを指します。一度アディクションにかかった人は現在の行動を断っても、他の行動にアディクションを起こす可能性が高い事も挙げられます。その場合、たとえ行動をやめても完全には回復していないことを示しています。

依存症(アディクション)の第2段階

第2段階になると、アディクション行為の魅惑が色あせ始めます。アディクション行為は、単に高揚感を得るためではなく、失いつつある高揚感を何とかして持ち直そうとする企てに変わっていきます。

そして、アディクション行為がコントロールできなくなっている事を示す出来事が頻繁に起きるようになります。周囲の人が不審に思い始めるようになります。この段階に入ると、自分や他人を裏切るようなことも頻繁に起こります。例えば、本当の事を言っても問題ないのに、わざわざウソをつく。他人のせいではないと分かっているのに非難する。アディクション行為を常に決まった手順で儀式のように繰り返す。他の人たちから遠ざかるようになるなど。

こうして心理面で自分の世界に引きこもるだけでなく、行動の面でも人と会うことが少なくなり、一人だけでアディクションの生活をするようになります。例えば、過食アディクションの人は、食べ物を家族に見つからないように隠すようになります。性的アディクションの人は、何人もの不特定の相手とセックスしたり、頻繁に買春するようになる。ギャンブルのアディクションの人は、家族に内緒で銀行口座を作ったり、家族の知らない仕事を始めたりします。アルコールのアディクションの人は、仕事を終えて家に帰る前に必ずバーに立ち寄って2~3杯ひっかけ、そのことを家族に知られないように口臭を消すドロップを使用したりします。

アディクションを続けていた結果、刺激に対して耐性が生まれます。得られる気分の変化に慣れが生じるため、それまでの高揚感が得られなくなってきます。だからこれまで以上に頻繁に、より強力に行為を行うようになります。そして自分をコントロールできていない事に気づきます。ここでアディクション行為をやめようと思うのですが、ひとたび苦痛、不安が訪れるとまたアディクション行為をするようになります。こうしてアディクションに支配されるようになります。

依存症(アディクション)の第3段階

第3段階は「崩壊段階」と呼ばれる。なぜなら止まらないアディクション行為が引き起こすストレスのために、人生が文字通り崩壊を始めます。

この段階になるとアディクション行為をしても以前のような高揚感が得られなくなっています。アディクション行為をすれば気分の変化は起きるが、苦痛のほうが大きくなります。苦痛はアディクション行為をしている時は弱まるものの、常に感じています。ついにはアディクション行為そのものすら、退屈でマンネリに感じるようになります。しかしストレスなどを感じると、効果が得られないと分かっているはずのアディクション行為に逃げ込んでしまいます。これを繰り返してしまうのです。ついには、アディクションに支配されていると言ってもいい人生になってしまいます。

アダルト・チルドレンの依存症(アディクション)からの回復

アディクションが第3段階になると、外部から誰かが何らかの形で介入しなければ脱出は不可能で、脱出しない限り一生そのままになってしまいます。アディクションは自己完結の行動なので、これから回復するには外の世界に意識を向ける必要があります。人々と交流し、自分の悪い生活習慣を一つずつ改善していく事で回復に向かう事ができます。

アディクションから回復するために重要なことは、正直になることです。自分がアディクション体質であることを認める事から始まります。自分にはアディクションに打ち勝つ力が無いことを認めるのです。そして自助グループに参加したりカウンセリングを受けたりして、アディクションから回復する事を目指すのです。

またアディクションはある行動を断ってしまうと、これに変わる別の対象を探してしまいます。そのため、なぜその行動を取ってしまったかの原因を探る必要があります。例えば、アルコールのアディクションの人がアルコールを飲むのをやめるのは、最初の一歩にすぎません。回復に必要なのは、アディクションがどのようにして自分の中に根を張り、本来の自分を乗っ取ったかを理解することです。そしてアディクションに冒された「生活態度・信条・価値観・行動」を一つ一つ変えていく努力をすることです。

回復の過程は、人間関係に現れます。回復を始めた人は、健康的な人間関係を持つことでこの病気を克服していきます。

(参考文献:クレイグ・ナッケン「やめられない心」依存症の正体)

アダルト・チルドレンと依存症のカウンセリングのご予約・お申込はこちらからどうぞ

アダルト・チルドレンと依存症のカウンセリングのお申込は下記ご予約フォームからお願いします

アダルト・チルドレンカウンセリングのご予約・お申込

ご予約可能日時: 月~金 10:00~21:00 土日祝 9:00~18:00
コメント欄にアダルト・チルドレンカウンセリング希望と明記の上お申し込みください。
(カウンセリングの料金は、1回60分あたり10,000円)

<<よくわかない・確認したいなど疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。>>

電話番号

E-Mail

PAGE TOP